自律神経の症状について

自律神経失調症

こんな症状ありませんか?

頭痛、肩こり、めまい、耳なり、動悸、光がまぶしく感じる、喉のつまり、お腹が張る、立ちくらみ、不眠、便秘、下痢、息苦しい、だるい、疲れが取れない

自律神経乱れが原因の為、病院での検査では何も異常がないと言われるのが特徴です。放っておくと、エネルギーがどんどん低下し、やる気が起きなくなる、ぐったりして動けないといったうつ状態、やがて鬱といった状態になりかねないのです。

自律神経が乱れる原因

自律神経二つの神経(交感神経、副交感神経)のバランスがくずれることにより、様々な症状が現れます。原因は過度のストレス。ストレスというと精神的ストレスを思いがちですが、それだけではありません。実は4つのストレスが重なることで自分の許容範囲を超えてしまうと症状として表れます。

自律神経失調症は身体からのサインです。
「ストレスがいっぱいで身体が参っているよ~」
「睡眠不足で疲れが溜まってるよ~」
「頑張りすぎたよ~」

気のせい、気の持ち様では良くならないのが自律神経失調症です。
身体と生活を見直すことが大事になります。

こんな施術をします

  1. 身体の歪みを整え、呼吸がしやすい身体にします
  2. 自律神経の調整、内臓調整
  3. 頭蓋リズムの調整(脳の栄養剤である脳脊髄液を流す)
  4. 生活週間へのアドバイス(知識がとても大事になります)
  5. カウンセリング(精勤的ストレスが多い方)

耳なり

検査を受けても異常がない場合は、自律神経からくる不調と考えられます。
原因は過度のストレス、疲れなど。自律神経が乱れ、脳内への血流が不足し、耳の音を感じる内耳という器官の働きに影響が出てしまうのです。内臓の疲れからくることもありますので、総合的に体を診ていく必要があります。

こんな人が来ています

  • 疲れてくるとキーンと音がする
  • 耳にポコポコ音がする
  • つまり感がある
耳なり

こんな施術をします

  1. 首回り、肩周りの緊張をゆるめる
  2. 骨盤矯正
  3. 自律神経の調整
  4. 内臓調整
  5. 脳脊髄液の調整(脳の栄養剤)