下半身の症状について

腰痛・ぎっくり腰

痛くて辛いですよね~。私もかつて ぎっくり腰で悩まされていたひとりです。
女性は筋肉が弱いので 背骨を支える力が弱く腰痛になりやすい傾向にありますが 原因は様々です。問診をしながら、それぞれに合わせた施術をしていきます。

原 因

腰痛
  1. 同じ姿勢による血行不良
  2. 筋肉疲労
  3. 内臓からくるもの
  4. ストレス
  5. 靴が合っていない
  6. 骨盤のズレ

こんな人が来ています

  • 腰が伸ばせない
  • 立ち上がりが痛い
  • 前にかがむと痛い
  • 腰が常に重い
  • 車の乗り降りが辛い

こんな施術をします

  1. 骨盤の調整
  2. 筋膜の調整
  3. 足回り、腰回りの筋肉をゆるめる
  4. 内臓調整
  5. ストレス緩和

股関節痛

女性は男性より股関節が浅く、痛みが出やすい傾向にあります。
股関節の軟骨が無くなっている場合には整体の範疇外になりますので、病院への受診をおすすめしています。レントゲンで問題がなければご相談くださいね。

原 因

多くの場合は骨盤の歪みからきます

こんな人が来ています

  • 歩き出しに股関節に痛みがある
  • 股関節に違和感を感じる
  • 歩きづらい

こんな施術をします

  1. 骨盤周りの筋肉をゆるめる
  2. 筋膜の調整
  3. 骨盤の調整

座骨神経痛

原 因

お尻周りの筋肉が神経を圧迫しておこります。

こんな人が来ています

お尻から太もも、足にかけてしびれが出ている、重だるい。

こんな施術をします

  1. 圧迫している筋肉をゆるめます
  2. 筋膜をゆるめます
  3. 骨盤矯正

産後の骨盤矯正

妊娠をするとリラキシンというホルモンが出て骨盤周りの靱帯がゆるみ、骨盤を広げて赤ちゃんが出やすい状態になります。また妊娠中はお腹が大きく突き出すので骨盤が前に傾いてバランスを取るために後ろ重心になり、体全体のバランスが変わります。何ヶ月もその状態が続くことで体がそれに慣れてしまい、産後も癖が残ります。また、産後骨盤が戻るときに左右にズレが生じることで腰痛や恥骨痛なども起こりやすくなります。
産後は自然分娩の場合1ヶ月検診が終わって問題なければ骨盤矯正ができます。(帝王切開の場合は2ヶ月後から)
6ヶ月以内の矯正が好ましいですが、過ぎても矯正ができますのでご相談ください。
また、産後はホルモンバランスが崩れるため、精神的にもアンバランスになりやすい時期です。一人で抱え込まずにご相談くださいね。

こんな人が来ています

  • 妊娠中、産後の腰痛
  • 産後の恥骨痛
  • 産後の股関節痛
  • 産後の手や足の不調
  • 産後うつ

こんな施術をします

・骨盤矯正
・筋肉、筋膜の調整
・自律神経、ホルモン調整

ほとんどの方は6回以内に改善が見られますが、産後うつや自律神経の乱れが伴う場合は時間が掛かることがあります